授乳による寝不足…この辛い時期はいつまで続く?

sleepy

 

6時間しっかり眠るというのを

「寝が足りている」

とした場合、寝が足りるようになるのは
子供が3歳位になってからかもしれません。

 

新生児の時期が終わっても、
子供が夜中にぐずったり、目が離せなかったりするので、
ママはいつも寝不足といった状態が続きます。

 

ただ、一説によると、産後の母体は
多少の寝不足は耐えられるようにできているようです。

 

授乳期で辛いのは夜の授乳でしょう。

milk

 

母乳は粉ミルクより腹持ちのわるいため、
赤ちゃんはすぐお腹が空いてしまいます。

そのような場合は、添い寝しながら
授乳できるようにするといいでしょう。

 

特に冬の間はお布団の中で授乳できるので、
寒い思いをしないですみます。

 

また、産休中や育児休暇中であれば、
赤ちゃんが寝ている間は昼間であっても
ママも一緒に寝るようにしましょう。

 

baby3

 

家事を完璧にこなさなければなどと思いこむのは
この時期やめたほうが賢明でしょう。

 

先にママは寝不足にある程度耐えられると書きましたが、
慢性の寝不足はママが精神的に参ってしまい、
結果イライラしてしまうことに繋がります。

 

育児は数年に渡ります。
気持ちは大らかに持つべきです。

育児ノイローゼにならないためにも、
取れる時に睡眠時間が確保できるような工夫が必要です。