乾燥肌とホルモンバランスの関係性、そして自分でできるケア

hada19

 

女性ホルモンは肌の状態に大きく影響を及ぼします。

特に肌に影響を及ぼすのはエストロゲン。
肌をみずみずしくさせる働きがあります。

 

ただ、30歳後半から分泌量は減ってきてしまいます。

そのため、この時期から肌が乾燥しやすくなるなどの
トラブルが発生するのです。

 

Dry4

 

 

さらに閉経すると分泌量は急激に減ります。

エストロゲンを外から摂ったらいいのではないかとも思われますが、
ホルモン治療というのは大変難しく、外から摂ると場合によっては
体内で作られないなどという副作用も懸念されます。

ですからホルモン治療というのは、
医師と十分に相談しながら進めて行くのが重要です。

 

一方、女性ホルモン同様の働きを持つ大豆イソフラボンが
随分前から注目されています。

daizu2

 

過剰に摂るのは好ましくありませんが、
食事の中で積極的に摂ってみるのもいいでしょう。

エストロゲンの減少が多少は緩和されるのではないかと思います。

 

納豆であれば2パック(1パック45gとして)、

nattou4

 

豆腐であれば1丁が1日のイソフラボン摂取量の目安になります。

tofu