乾燥肌なのにテカる…原因はインナードライにあった!

Dry6

 

乾燥肌なのにテカってしまうというのは、
インナードライ肌のことでしょう。

肌の内側は乾燥しているのに、
肌表面は油でテカるという状態です。

肌の保湿機能がうまく働いていいないことから起きる症状です。

 

肌が乾燥サインを出すと、皮脂の分泌が盛んになります。

ファンデーションの油浮きなどにつながり、よい状態ではありません。

 

 

水分を与えるだけでは意味がない

ではどうしたら改善できるのでしょうか。

乾燥しているので、化粧水をたくさん使えばいいと
思われるかもしれませんが、あまり効果は認められません。

 

keshou

 

ここで必要なのは保湿力をあげるための処置です。

保湿成分の代表的なものとしては「セラミド」が挙げられます。

セラミドは体内で作られ、健康な肌をつかさどる重要な成分です。

 

ただし、年齢とともにその生成量は低下します。

セラミドは肌の細胞を支え、水分を保持する役割を持ちますが、
この量が少なくなると、肌から水分が失われ、
粉をふいたような状態になってしまいます。

 

保湿効果を期待するのであれば、
セラミドを配合した化粧品を買うことをお薦めします。

原料自体が高価なので、化粧品は安くないかもしれません。

本当のセラミドが1~2%含まれているかどうか、
メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

 

セラミドほか50種類の保湿成分を配合のパーフェクトワン