ショートスリーパーでゴールデンタイムに眠れない…改善策は?

sleepy

 

「肌のゴールデンタイム|その噂本当に正しいの?」

という以前書いた記事でも述べたように
ゴールデンタイム(午後10時から午前2時)に寝るということに
固執する必要はないという考え方が広まっています。

 

女性の方たちの現在の生活スタイルを考えても、
午後10時に寝るというのは難しいのではないかと思います。

 

寝た後、3時間で成長ホルモンが分泌しはじめ、
その後3時間程度で肌の再生が行われると書きました。

ですから3時間寝るのは必須であると考えてください。

 

また、この時間は深く質の高い眠りになるようにしましょう。

カフェインなどの入った飲料は夕食後はとらないようにしましょう。

coffee

 

 

悩み事があっても睡眠に入る1時間前からの間で
心を落ち着かせて睡眠の妨げにならないようにする習慣というのも、
身に着けておくといいでしょう
(瞑想や祈りの時間を持つ人もいますが、睡眠に効果があるように思います)。

 

ショートスリーパーというと睡眠が5時間以内の場合を指すと思いますが、
できれば生活を見直して6時間を確保するようにするといいでしょう。

sleep5

肌のみならず、毎日の生活を正常に機能させるためにも
6時間睡眠は重要に思います。

 

睡眠不足であると、肌色がくすむなど皆さんも
実感することが多々あると思います。

 

常に睡眠不足だった人が6時間睡眠を実践することで

「肌の状態が見違えるほどによくなった」

と言っているのを聞いたことがあります。

 

この場合、どんな高価な美容液よりも
睡眠時間の確保が美肌効果があるのではないかと思います。